• ごあいさつ
  • 診療案内
  • 所在地と連絡先
  • はじめての方へ
  • 神経内科とは?
  • 治験・臨床研究
神経内科・内科・小児科 久米クリニック
〒467-0054
愛知県名古屋市瑞穂区丸根町1-8
TEL:052-831-9970
オンライン診察
 
24時間ネット受付可能

TOP】 > むずむず脚

レストレスレッグス症候群

  • レストレッグス症候群とは?
  • 自分で出来る対処法
  • 新薬による治療法

自分で出来る対処法

ライフスタイルを変える

レストレスレッグス症候群に対して最初に行なうべき療法は基礎疾患がある場合にはその治療とライフスタイルの改善です。例えば、カフェインを含む食物摂取の制限、睡眠時間をずらす工夫などが挙げられます。さらに睡眠前に軽い運動行なったり、ストレッチをしたりして筋肉を疲れさせることも効果的です。ここに幾つかのレストレスレッグス症候群とのつきあい方のヒントを御紹介します。

レストレスレッグス症候群のことを話してみて下さい。

レストレスレッグス症候群のことを周囲の人に話すことにより、家族や友人や職場の同僚がどうしてあなたが夜中に廊下を歩いたり、映画館で壁際に立っていたりするのかなどを理解するようになるでしょう。

レストレスレッグス症候群のことを話してみて下さいについてもっと詳しく

位置を上げてみたら

仕事や読書が立ったままでできるように、机や本棚の位置を背の高さまで上げると、より便利で楽になることがあります。

位置を上げてみたらについてもっと詳しく

一日をストレッチで始める

一日の始まりと終わりにストレッチ体操や軽いマッサ−ジを取り入れると症状が緩和されます。

一日をストレッチで始めるについてもっと詳しく

睡眠の日記をつける

レストレスレッグス症候群に対するあなたの取り組みを助けてくれたりあるいは妨げたりする食事、生活習慣、また薬やその服用方法を記録して下さい。個人個人に則した増悪因子、改善因子を見つけだしライフスタイルを改善してゆくことはすぐに実行できる効果的な対処方法でしょう。

睡眠の日記をつけるについてもっと詳しく

レストレスレッグス症候群とは戦わないこと

「脚を動かしたくなる気持ち」を無理に抑え込もうとすると、逆に症状は悪化することを何度も経験したことでしょう。それなら寝るのはやめて布団から出てください。そして脚のことを忘れられるような何か他のことを見つけて下さい。旅行に行くときなどは、何回も途中で停まることを考慮して余裕を持った計画を立てて下さい。

レストレスレッグス症候群とは戦わないことについてもっと詳しく

いつも忙しく

積極的に用事を作って忙しくしてしまうことはレストレスレッグス症候群を抑えることにもなります。ある人にとってそれはテレビゲ−ムであり、またある人にとってはインタ−ネットをすることであったり、あるいは楽器を演奏すること、絵を描くこと、編み物、プラモデル作りなどでしょう。レストレスレッグス症候群の特に強くなる時間帯に楽しめる用事を見つけて下さい。

いつも忙しくについてもっと詳しく

発想の転換

じっと座って読書することなどできないとおっしゃる方。iPodなどを買って、イヤホンを付けて、動画や小説を楽しんでみてはいかがでしょうか。面白い小説を聴きながらであれば、夜中の散歩やクルマの旅ももっと楽しいものになります。また癒し系のリラクゼーション音楽は入眠の助けになることでしょう。

発想の転換についてもっと詳しく